お知らせ
Home   お知らせ
2017.06.26

毎年恒例、家畜保健所による馬伝染性貧血調査実施!!

毎年恒例、家畜保健所による馬伝染性貧血調査実施!!
動物飼育技術学院には新しい大きな馬「エマちゃん」を加え、9頭の馬が飼育されています🐎

毎年、この季節は恒例の通称伝ぴん検査が家畜保健所により実施されます。
学校の馬たちも全頭、この検査を受けなければなりません。
さて、馬馬伝染性貧血調とはどんな病気なのか?

この病気は、ウマ,ロバ,ラバなどウマ属がかかるウイルスによる敗血症性の病気。高度の貧血と高熱を伴う急性型もあるが,貧血と再帰性の発熱を繰り返す慢性型のほうが多い不治の病と言われています。
馬は痛みに大変弱いため、この検査は一苦労・・・
普段の予防注射は、獣医の先生が目にも留まらぬ速さで終わらせてしまうので、馬たちも慣れたもの♪
しかし、こちらの検査は採血を行うため、注射針を刺したまま少し時間を置き、血液を採取するため慣れない馬達は大変です。
小さいなポニーから順に行いましたが、いつもと違う知らない人にちょっとそわそわしながらじーっと見つめています・・・
注射器を見てしまうと騒ぎだしてしまうため、後ろに隠し、にんじんで気をそらしながらいざ、実行!!
おりこうさんな馬は何でもない感じで直ぐ終了!
見知らぬ人や、怪しいいつもと違う雰囲気を察知し、何かされるかも・・!?なんて感じている馬はごにゃごにゃ
しながら再トライとなりました・・。
しかしながら、無事全頭終了致しました。
思いがけずご褒美をもらった馬達はなんだか痛かったけど、にんじんラッキー♪♪といった感じでモグモグ・・

この検査の通知が来るともうすぐ夏だな・・っといった気分になります。
きっと毎年受けている馬達も同じ気持ちかもしれませんね。

本校では、毎日たくさんの動物と触れ合い、動物と共に勉強をしています。
共に学ぶ仲間も募集しています。
勉強が余り好きではない方や、学校が苦手な方でも大丈夫。

動物達が皆さんを待っていますよ(^^♪  
 
お問い合わせご相談はお気軽に! 資料請求・お問い合わせ
PAGATOP