研修報告
Home   全件一覧
全件一覧
2016/10/06

馬の削蹄見学

 今日は馬の削蹄授業を行いました!

中々見学する事の無い事になりますが、本校では定期的に馬の爪切りに装蹄師さんにお願いをしています。
自然の馬は外で走ったり歩いたりしながら自然と爪が削られて爪切りの必要がないそうです。
乗馬クラブの馬やどこかで飼われている馬は放牧の時間が決まっていたりするため、爪が削れる頻度が少なく削蹄や装蹄が必要となるそうです。
本校の装蹄師は青森県から毎月、静岡県まで下り、装蹄や削蹄をしながら順番に乗馬クラブや大学、本校のような学校を回りながら青森まで毎月の旅をしているそうです。
爪が伸びてしまうと、歩行が困難となり、足の病気や内臓の病気までもを引き起す大事な場所です。
馬は、人間で言うとつま先で立っており、かかとがつく様になると歩行が困難になったり、歩きづらくなり歩かなくなったりと色々な不具合を生じます。
1年生は初めての体験、見学で大変興味深く見学し、質問していました。
本校には馬の獣医さんやヤギの獣医さん、もちろん小動物の獣医や犬猫の獣医まで沢山の専門分野の先生が出入りしています。様々な分野で専門の知識を学び、将来の飼育員への夢を大きく膨らませ、現実のものとしていきます。
次回の装蹄授業は12月。季節による馬のお話や、体調の事、体の事などを質問していく予定です。
詳しく見る
2016/10/06

東京都小平市に移動動物園研修に行ってきました!!

 本日は、東京都小平市にあるとあるお祭りに参加させて頂きました。
沢山のブースがあり、今回は初めての移動動物園との事で、主催された方もお客様も大変楽しみにされていました♪お祭り開催時間中に、別ブースでは大工さんがお家を建てていたり、丸太を使った工作教室、木材を使用した椅子つくりなどお子様も多く集まるイベントに、学校の動物達も大喜び!
普段、見る事の少ない動物達に大人の方々も大変楽しんで頂き、移動動物園のブースにも沢山の方に足をお運び頂きました。今回は、今年入学した1年生の生徒1名と職員2名が移動動物園の開催準備から、動物輸送、体調管理、イベント開催前のテント設置や接客など、移動動物園の研修を始めて生徒が1人で体験しました。
初めは戸惑う事も多く、中々上手く接客も出来ませんでしたが、時間が経つごとに少し慣れ、リラックスして接客や、餌やりのお手伝いが出来ました♪
沢山の研修にこれからもいけるよう、普段の飼育やお世話をしっかり教え、学んでもらいたいと思っています。
詳しく見る
 
お問い合わせご相談はお気軽に! 資料請求・お問い合わせ
PAGATOP